いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

マーケットコラム(2018年1月23日号)

23日の日経平均株価は、前日比307.82円高の24,124.15円となり3日続伸。米国の政府機関閉鎖解除を受けて昨晩の米国株が上昇したことを好感し、日経平均株価は昨年来高値を更新。業種別騰落率では、不動産業が前日比+2.13%となり上昇率首位。次いでその他金融業が+2.02%、精密機器が+1.92%になった。下落した業種は石油石炭製品のみで-0.81%になった。日経ジャスダック平均は+1.07%となり3日続伸。マザーズ指数は+1.20%となり続伸した。

個別銘柄でディップ(2379)に注目している。3Q累計決算は前年同期比16.4%増収、21.1%営業増益。有効求人倍率が43年ぶりの高水準になるなか、アルバイト、パートの求人市場が好調で、求人サイトの売上が拡大。求人媒体のネットシフト進行も追い風。主力のアルバイト求人サイト「バイトル」は8月末にリニューアルを実施したことで、1ヵ月ほど不具合や検索順位、応募率の低下などで苦戦し、増収率はやや鈍化したものの、社員求人専門サイトの「バイトルNEXT」の3Q売上が前年同期比49.5%増収と大きく拡大。アルバイト採用難に伴い、正社員での採用需要が増加しており高成長が継続。派遣求人サイトの「はたらこねっと」の3Q売上も、前年同期比46.4%増収と大幅増収を達成。派遣募集サイトから働く女性の求人サイトへコンセプトを転換させ、正社員やアルバイトの情報も掲載するようになったことで、月間契約社数が前年同期比2.1倍、掲載情報数は1.9倍に拡大。単価の高い正社員の掲載が増え、掲載単価は前年同期比6.9%増加。「バイトルNEXT」の高成長継続、「はたらこねっと」のコンセプト転換に加えて、「バイトル」も10月以降、月ごとに応募率が改善しており、来期に向けて順調な業績推移が期待される。