いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

マーケットコラム(2018年6月4日号)

4日の日経平均株価は、前日比304.59円高の22,475.94円となり反発。先週末の米国株が大きく上昇したことや円安が進んだことが好感された。東京エレクトロン(8035)やTDK(6762)、ソフトバンクG(9984)などハイテク株の上昇も目立った。業種別騰落率では、輸送用機器が前日比+3.17%となり上昇率首位。次いで海運業が+2.69%、銀行業が+2.47%になった。下落した業種はその他製品のみで-2.53%になった。日経ジャスダック平均は-0.07%となり3日ぶりに反落。マザーズ指数は-0.13%となり続落した。

個別株では、ネット広告配信事業のソネットメディア(6185)に注目している。AIの活用とネット広告市場の拡大により、17年度決算は前年同期比29.6%増収、67.1%営業増益と大幅増収増益を達成。ネット閲覧者の行動予測と広告配信の処理速度に強みのある自社AIを活用し、売上拡大と収益力強化の両立が進行。18年度もAIを活用した商品力強化とネット広告市場の拡大により、前年同期比21.9%増収、38.1%営業増益計画。ブランディング支援のため動画広告商材を拡充し、不正広告対策も進める。20年度までに人工知能による広告配信の自動化範囲の大幅な拡大を予定。広告の掲載サイトやターゲット、配信時間などの細かい設定、配信結果の分析など、広告運用担当者が行っている業務を人工知能が代替することを目指している。