いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

マーケットコラム(2019年2月20日号)

20日の日経平均株価は、前日比128.84円高の21,431.49円となり3日続伸。昨晩の米国株が上昇したことや、円安ドル高が進行したことが好感された。業種別騰落率は非鉄が+1.58%となり上昇率首位。次いで電気・ガス業が+1.19%、卸売り業が+1.08%になった。下落した業種は石油石炭製品が-2.01%となり、下落率首位。次いで鉱業が-1.91%、証券商品先物が-0.71%になった。日経ジャスダック平均は+0.22%、マザーズ指数は+0.89%となり揃って3日続伸した。

米中貿易協議への進展期待が継続する間は戻り歩調が続くものと思われ、個別銘柄で、ECなど向け総合決済サービスのGMOPG(3769)に注目したい。1Q決算は前年同期比35.2%増収、30.2%営業増益。キャッシュレスの流れを追い風に、EC決済や銀行Pay(口座引き落としで支払いが可能なスマホアプリ)、後払い、対面決済などが順調に伸び成長率が加速。EC決済では自動車定額レンタルサービス、SNS投げ銭、フィットネスジム会費などオンラインサービスのすそ野の広がりや、勝ち組EC企業を取り込めていることで、営業利益は約30%拡大。銀行Payでは北海道銀行、北陸銀行、沖縄銀行が新規に加入し、加入銀行数が11行に拡大。海外(アジア、アメリカ)でレンディング売上も急増しており、2025年に営業利益250億円以上の達成に向けて順調に推移している。