いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

マーケットコラム(2019年2月4日号)

4日の日経平均株価は、前日比95.38円高の20,883.77円となり3日続伸。先週末の米国株が上昇したことや、為替市場で円安ドル高が進行したことが好感された。業種別騰落率はその他製品が+3.29%となり上昇率首位。次いで石油石炭製品が+2.59%、金属製品が+2.26%になった。下落した業種は海運業のみで-0.05%となった。日経ジャスダック平均は+0.71%となり反発。マザーズ指数は-0.82%となり続落した。

FRBのハト派転換を受けて、当面はリスクオンの株高展開が期待される。為替市場では、利上げ停止からドルの上値は重そうだが、リスクオンの流れから円も売られやすくなり、大きく円高ドル安が進行する展開にはならないものと思われる。個別銘柄では、ガンホー(3765)に注目している。18年12月期決算は前年同期比0.2%減収、22.7%営業減益になったが、「パズドラ」大感謝祭と韓国子会社配信の「ラグナロクM」がけん引し、4Q決算は3Q比59.2%増収、85.0%営業増益と大きく反転。「ラグナロクM」は東南アジアで配信が好調なスタートとなり、子会社の4Q売上は3Q比2.5倍の111億円へ拡大。パズドラなど他の連結売上は192億円なので、「パズドラ」に匹敵するグローバルタイトルへと成長する展開が期待される。タイ、フィリピン、インドネシアなどでは、配信1ヵ月弱で500万DLを突破。1月9日からは北米、南米、オセアニアへ配信を開始しており、いずれも順調な立ち上がりとなっている。