いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

3月16日号

新型肺炎という、特に定量的な業績への影響が算定がし難いリスク要因の高まりを受けて、PERへの信頼性が低下している。さらに、3月6日のOPECプラスによる協調減産協議の破綻に伴う原油価格の急落も株価の下落要因として作用している。原油価格の急落は中東の政府系機関による株式の売却懸念に加えて、シェールガス開発企業や資源国のデフォルトリスクの高まりを通じて・・・