いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

4月2日号

トランプ米大統領の政権運営に対する不安は根強いものの、米国S&P500の予想PERは28日時点で16.7倍となり、2016年2月以来の水準まで低下してきた。17年末時点の20.0倍から大きく調整しており、17年の平均値18.7倍、16年の同17.7倍、15年の同17.4倍を下回る水準まで低下し、割高感は解消されつつある。日経平均株価は円高進行により18年度業績への警戒感が・・・