いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

4月8日号

1日に日銀短観3月調査結果が発表された。大企業全産業の業況判断指数は前回調査に対して4ポイント悪化、先行き業況判断指数も同3ポイント悪化と、低調なものとなった。一方で、今回の調査から開示される19年度の業績計画に筆者は注目していたが、想定以上に堅調な見通しとなっている。大企業・製造業の19年度の前提為替レートは1ドル108.87円であり・・・