いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

4月9日号

トランプ米政権による保護主義的政策の行方が大きな不透明要因となっている。特に、米中双方による関税引き上げの報復合戦が最大の懸念材料であるが、米国において秋の中間選挙を控え、中国においては国内の構造改革を優先する局面であり、貿易戦争を本格化させ、経済の失速、失業率の悪化・・・