いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

5月18日号

想定された事ではあるが、前期業績の下振れ着地と新年度の大幅減益計画を公表する企業、あるいは業績予想を非開示とする企業が相次いでいる。今期の業績予想を公表した企業は、新型コロナの問題については夏場頃に世界的にピークアウトとの前提にたち、4-6 月期については 1-3 月期比で一段の落ち込みを見込み、2Q から年末に向けて緩やかな回復傾向を辿ると想定している。実際・・・。