いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

3月29日号

米国長期金利の上昇や日銀の ETF 買い入れ方針の変更、欧州における新型コロナの感染拡大、米中関係の悪化などにより、先週の日経平均株価は軟調な展開となった。3 月の FOMC 後も、FRB メンバーは現状の長期金利上昇に対して容認姿勢を取っているように見られ、米国の 10 年債利回りは2%へ向けて上昇し、高 PER 銘柄中心に上値が抑えられる展開になることが見込まれる。また・・・。