いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

4月12日号

米国では、雇用統計、ISM 製造業景況感指数、ISM 非製造業景況感指数などが非常に強い経済の回復を示しているなかで、懸念されていた長期金利の上昇が一服している。日米ともに高バリュエーションへの警戒感が高まっていることもあり、企業の決算発表シーズンを控えて、やや方向感の乏しい相場展開となっている。当面は、好材料や好業績の発表があった銘柄の個別株物色の強い展開・・・。