いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

4月25日号

【手控え要因が多く、方向感の出にくい状況】FRBの金融引き締め強化による金利上昇やウクライナ情勢の混迷、日本の3月期決算企業の本決算発表を前にした手控え感などが重しになっているが、米国経済の底堅さを示す企業決算や経済指標の内容が好感され、先週の日経平均株価は戻りを試す展開になった。FRBの金融引き締めに伴い米国が景気後退に陥るかが関心の的だが・・・。