いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

5月30日号

【ダウは8週連続下落後に反転】ロシアによるウクライナ侵略が開始された2月下旬以降、インフレ加速懸念やFRBによる金融引き締め強化懸念などもあり、下落傾向が続いていた米国株式市場は、週間で見ると5月20日までにダウは8週連続で下落し1932年の世界大恐慌以来の長期間の下落となった。ナスダック、S&P500も7週続落となり・・・。