いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

7月19日号

【消費者物価指数高進、商品市況は下落】注目を集めていた米国の6月消費者物価指数は前年同月比9.1%増と、市場予想の8.8%増に対して上振れとなり、5月実績の8.6%増からさらに加速していることが確認された。これを受けて、市場は7月のFOMCでは0.75%の大幅利上げの継続に加えて、1.0%の利上げを予想する声まで出始めた。ただ、変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア消費者物価指数は・・・。