いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

2020年4月6日~4月19日

日付 国内 海外
4/6(月)
国内
海外
7(火)
国内
2月毎月勤労統計(8:30)
海外
[独]2月鉱工業生産(15:00)
8(水)
国内
2月機械受注(8:50)
3月景気ウォッチャー調査(14:00)
海外
9(木)
国内
3月工作機械受注(15:00)
海外
10(金)
国内
海外
[中]3月消費者物価指数(10:30)
[米]3月消費者物価指数(21:30)
11(土)
国内
海外
12(日)
国内
海外
13(月)
国内
3月マネーストック(8:50)
海外
14(火)
国内
海外
[中]3月貿易収支
15(水)
国内
海外
[米]3月小売売上高(21:30)
[米]3月鉱工業生産(22:15)
16(木)
国内
海外
[米]3月住宅着工件数(21:30)
17(金)
国内
海外
[中]1-3月GDP(11:00)
[中]3月鉱工業生産(11:00)
[中]3月小売売上高(11:00)
[中]3月固定資産投資(11:00)
18(土)
国内
海外
19(日)
国内
海外

重要スケジュールからみた当面の見通し

来週のスケジュールでは、日本の景気ウォッチャー調査の結果が注目される。

日本の2月景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが27.4となり1月の41.9から大きく悪化し、東日本大震災後の11年4月の23.9以来の低水準となった。飲食関連が16.0となり1月の39.8から大きく悪化。サービス関連が42.3から25.3へ、小売関連が42.6から26.7へ悪化した。製造業は40.1から31.0へ、雇用関連は39.8から30.4へ悪化した。新型肺炎の影響で外国人観光客が減少し、観光施設や宿泊施設における国内観光客のキャンセルが増加。土日祝の来客の顕著な減少や飲食店の来客数減、イベント中止、中国からの輸入減、求職者向け会社説明会の中止、企業による求人控えなどの影響も出ている。消費税増税の影響も引き続き重しになった。一方、スーパーやドラッグストアでは買いだめ需要が発生しており、建設業への影響もあまり出ていない。先行き判断DIは24.6となり1月の41.8から悪化し、09年1月の23.8以来の水準に落ち込んだ。下げ幅は11年3月以来の大きさとなった。飲食関連が39.3から12.9へ、サービス関連が40.4から20.3へ、小売関連が43.9から25.4へ悪化した。製造業は39.5から25.6へ、雇用関連は40.0から29.9へ悪化した。新型肺炎の影響がいつ収束するか不透明で、製造業、観光業、飲食業、小売業など幅広い業界で厳しい状況に陥るとの警戒感が高まっている。