いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

2021年10月18日~10月31日

日付 国内 海外
10/18(月)
国内
9月首都圏新築分譲マンション市場動向(14:00)
海外
[中]7-9月期GDP(11:00)
[中]9月鉱工業生産(11:00)
[中]9月小売売上高(11:00)
[中]9月固定資産投資(11:00)
[米]9月鉱工業生産(22:15)
19(火)
国内
衆院選公示
海外
[米]9月住宅着工件数(21:30)
20(水)
国内
9月貿易統計(8:50)
海外
[独]9月生産者物価指数(15:00)
21(木)
国内
9月工作機械受注(15:00)
海外
[米]9月中古住宅販売件数(23:00)
22(金)
国内
9月全国CPI(8:30)
10月製造業PMI(9:30)
海外
[欧]10月製造業PMI(17:00)
23(土)
国内
海外
24(日)
国内
参院静岡、山口補欠選挙投開票日
海外
25(月)
国内
8月景気先行指数(14:00)
海外
[独]10月IFO企業景況感指数(17:00)
26(火)
国内
9月企業向けサービス価格指数(8:50)
海外
[米]8月S&PコアロジックCS住宅価格指数(22:00)
[米]9月新築住宅販売件数(23:00)
[米]10月消費者信頼感指数(23:00)
27(水)
国内
日銀金融政策決定会合(~28日)
海外
[米]9月耐久財受注(21:30)
28(木)
国内
9月小売売上高(8:50)
海外
[欧]ECB理事会
[米]7-9月期GDP速報値(21:30)
29(金)
国内
9月失業率(8:30)
9月鉱工業生産(8:50)
9月住宅着工件数(14:00)
海外
[米]9月PCEコアデフレータ(21:30)
30(土)
国内
海外
31(日)
国内
衆院選投開票日
海外
[中]10月製造業PMI(10:00)
[中]10月非製造業PMI(10:00)

重要スケジュールからみた当面の見通し

10月18日(月)~10月24日(日)の予定では、中国の鉱工業生産、小売売上高、日本とユーロ圏の製造業PMIの結果が注目される。

中国の8月鉱工業生産は前年同月比5.3%増となり、7月の6.4%増から伸び率が鈍化。不動産規制に伴う建設需要の鈍化により、鉄鋼製品が前年比10.1%減、鉄素製品が13.2%減、セメントが5.2%減、原料炭が5.0%減となった他、自動車の生産が19.1%減、携帯端末が7.2%減と落ち込んだ。当局の規制強化やサプライチェーンの混乱が、製造業に打撃を与えつつある。

中国の8月小売販売は前年同月比2.5%増となり、7月の8.5%増から伸び率が鈍化。7月後半から広がった新型コロナのデルタ株を抑え込むため、厳しい旅行制限を導入したことで飲食店の売上が前年比4.5%減となった他、通信用品が14.9%減、自動車が7.4%減、衣類が6.0%減、電気用品が5.0%減となり、個人消費が減退している。

日本の9月製造業PMIは51.5となり8月の52.7から悪化し、今年2月以来の低水準になった。コロナ禍による制限措置や悪化するサプライチェーンの混乱により、生産高と新規受注が縮小した。原材料の不足と納期の長期化により、インフレ圧力は厳しさを増している。サプライヤー納期は、東日本大震災の影響でサプライチェーンの大混乱が発生した2011年4月以来最長になった。価格上昇分の一部は顧客に転嫁されている。コロナ禍の収束が需要の回復を促すとし、今後1年間の生産見通しは楽観的になっている。

ユーロ圏の9月製造業PMIは58.6となり、8月の61.4から低下。サプライチェーンの混乱により3ヵ月連続で景況感が減速した。新規受注と生産拡大の勢いが8ヵ月ぶりの低さになった。アジアの一部でコンテナ不足や配送問題が起きており、電子機器や原材料などの不足が広がっている。投入価格の上昇ペースは約24年ぶりの高水準にあり、利益確保のため製造業は販売価格を引き上げている。今後12ヵ月の見通しは楽観的な見方で推移しているが、9ヵ月ぶりの低水準になった8月と同水準にとどまった。国別のPMIはドイツが58.4、フランスが55.0になり8ヵ月ぶりの水準に減速し、オランダが62.0、イタリアが59.7となり7ヵ月ぶりの水準に減速した。サプライチェーンの混乱が継続しており、当面は製造業の逆風になることが見込まれる。