いつもあなたのそばで 頼れる金融機関です

5. ETFの魅力と活用法

ETFとは、、、
「Exchange Traded Fund」の頭文字をとったもので、特定の指数(日経平均株価、NYダウ30種平均株価など)の動きに連動する運用成果を目指し、証券取引所に上場している投資信託(上場投信)です。

ETFの特徴

特徴① 値動きがわかりやすい!

ETFは特定の指数の動きに連動するように運用されていますので、値動きがわかりやすいのが特徴です。
また、取引所に上場していますので、株式と同じようにリアルタイムで売買できますし、指値や成行注文も可能です。
 
ETF_01

特徴② 簡単に分散投資ができます!

たとえば、A銘柄の株式に投資していてその株式が破綻してしまった場合、その株式は上場廃止となって価値がなくなる場合があります。
一方、対象指数を構成する幅広い銘柄に投資するETFに投資することは、個別銘柄に投資するよりもリスクの低減を図ることができます。
 
ETF_06

また、日本株以外に外国株やREIT、コモディティ(商品)などのETFを組み合わせることによって国際分散投資ができます。
 
ETF_05

特徴③ 少額資金で売買が可能で、低コスト

個別株投資は数万円から数十万円の資金を必要とする場合がありますが、ETFは数千円から数万円程度で売買できます。また、一般的に非上場の投資信託に比べて信託報酬を低く設定していますので保有コストが軽減されています。

ETF投資のリスク

価格変動リスク

①株価指数等の変動
株価指数等は、様々な経済情勢等の影響を受けて、価格が下落する可能性があります。これにより、ETFの価格が下落したり、分配金が減少する可能性があります。(ただし、個別株投資と比較すれば、リスク分散効果があります。)
 
②株価指数等、基準価額、市場価格の乖離
ETFは、その対象となる株価指数等の値動きと、ETFの一口あたりの純資産額である基準価額の値動きが一致するように、管理会社(アセットマネジメント)によって運用される商品ですが、その運用にあたっては有価証券の組入コストが生じることなどから、株価指数等と基準価額の値動きが一致しない場合があります。
また、ETFの取引は、株価指数等と基準価額の水準等を参考になされるものですが、その市場価格は需給要因によって変動するため、基準価額等と市場価格の値動きが一致しない場合もありますので、ETFの取引にあたっては十分ご留意ください。

その他のリスク

市場動向の急変動時には、株価指数等に連動する運用が困難になる場合があります。
取引所が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止になることがあります。
信託の継続が困難であると管理会社が判断した場合、信託を終了する可能性があります。
 
 

銘柄の詳細等は、日本取引所グループのHP(www.jpx.co.jp)もご参照ください。

ojigi